【第2回】救急医療・災害対応におけるドローン活用等に関するアンケート調査報告書 発売

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、2021年2月~3月にかけて全国の自治体・消防本部を対象に実施した「第2回 救急医療・災害対応におけるドローン活用等に関するアンケート調査」の報告書を特別サイトにて発売致します。

 

本アンケート調査は、2018年12月に実施した「第1回 救急医療・災害対応におけるドローン活用等に関するアンケート調査」の第2回となるアンケート調査で、全国の自治体・消防本部のドローンの導入や利活用の現状についての把握や、昨今話題となっている情報セキュリティやレベル4の実現に向けた取り組みに関する設問等を盛り込んでおります。

第2回調査では、2,559団体に発信し、953件の回答を得ることができ、前回の回収率33.3%をさらに上回る、37.2%の回答率を達成することができました。

本調査報告書は回答頂いた自治体・消防本部やEDAC会員等を対象としてお送りしておりましたが、この度新たなドローン活用の普及展開のため、特別に下記のサイトよりお申込みいただいた方にも有料にてお送りいたします。

 

【第2回】救急医療・災害対応におけるドローン活用等に関するアンケート調査報告書 の購入はこちらから

EDACへの
依頼を検討中の方へ

ご依頼は随時承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせへ

  • 講演依頼
  • 取材依頼
  • 開発、実証実験のご相談
  • ドローンによる救護(マラソン等)連携
  • ドローン導入
  • 空撮
  • パイロット養成
  • 災害調査 など

お問い合わせへ